コラム:子育て

これからの子ども達に必要な能力とは!?

九州のママ集まれ!
大分支部 Education コラム担当
ブレインアナリスト 森田のりこ です。

前回のコラムに 「こんな子どもは学力的にも、人間力的にも伸びやすい」というタイトルで収載していただきましたが、今回も前回同様、小学校教諭へのインタビュー内容を基に「これからの子どもに必要な能力」について森田フィルターを通してお伝えいたします。

子ども達に必要な能力とは「消費 VS 生産」

今までの教育とこれからの教育の違い

今までの学習は、先生から与えられた宿題、課題をこなす消費学習であるのに対し、これからの学習は、学習への興味関心、積極的な意見、どうしたら上手くできるだろうと考える生産的な思考、つまり、主体性 が大事になってきます。

実際、評価方法においても「関心・意欲・態度」がなくなり、「主体的に学習に取り組む態度」となっています。
小学校の通知表で、各教科の横に「態度」と書いてある部分がこの評価に当たります。*1

終業式の後、子どもが持ち帰ったら、通知表を確認してみてくださいね。
この箇所のどこに〇が付いているでしょうか。

これからの時代、生産(主体的)能力が必要とされているのですが、実は、この「態度」で高評価を取るのは難しいと言われています。

*1.各市町村、県により表記が違う場合があります。

主体的学習が難しい子ども達

なぜ、主体的学習で高評価を取るのが難しいのでしょうか。
その原因に、生活環境 が挙げられます。
お子様に次のような様子はないでしょうか。

  • 今ある物・状況で遊びを作り出せない
    友達と遊ぶ物がないと遊べない、テレビやゲームがないと何をして遊んでいいのか分からない。
  • お友達と意見が違った時に、お互いの中間点がなかなか取れない
    自分のやりたい事の主張ばかりで、違いを理解してどうするかを考えられない。
  • 言われたことしかできない
    親が常に、「○○したの?」「○○は?」「○○はどうするの?」と口を出さないとできない。
    など

現代社会は、とても豊かで恵まれた環境です。
そのため、考える必要性に迫られる経験が少なく、「考える」という経験が少ない子ども達は、周りの大人に、「どうしたらいい?」「何したらいい?」と聞くしかありません。

主体的に学べる子になるには

主体的に学べる子にするにはどうしたらいいのでしょうか。

答えは、大人が2歳児のようになること です。
子どもと、「なんで?」 「どうして?」 「そうなの?お母さん・お父さんは知らないから教えて」の会話をたくさんしてみましょう。

この時、子どもに考える時間を与え、親が先回りして答えを言わないように注意してくださいね。
この考える時間が、子どもの創造性・考える力・思考力を育てます。

そして出てきた答えが、あなたの考えと違っていたとしても、頭ごなしに否定するのはやめましょう。
答えを否定された続けることで、子ども達は、自分の意見よりも、正しい答えを求めるようになります。

ここでも、前回のコラムでお伝えした、お子様との目線の高さが大事になります。

まずは、子どもが意見を言える雰囲気を作り、「なぜ?・どうして?」を繰り返し尋ねてみましょう。
このやり取りが、これからの子どもに必要な能力を育んでくれますよ。

ABOUT ME
森田 のりこ
森田 のりこ
大分市在住2児の母 ●思春期児の親子関係専門家 ●元教師 ●ブレインアナリスト 『自分で自分を幸せにする導ける子ども達を増やしたい』をコンセプトに思春期児の親子関係専門家として稼働中。 子どもの成長や親子関係で悩みが解消され、親にとっても子どもにとっても幸せと感じられる生き方ができるよう最大のサポートをさせていただきます。